暑中見舞い・残暑見舞いの時期

暑中見舞いを送る時期はいつからいつまで?いつから残暑見舞い? 暑中見舞い・残暑見舞いの時期や書き方について。

暑中見舞いとは

暑中見舞いテンプレート

「暑中見舞い」「残暑見舞い」とは、夏の暑さが厳しい時期に、日頃なかなか会えない知人や友人、お世話になっている人やお客様などに安否伺いや近況を報告する季節の挨拶状です。

お中元のお礼や、結婚・出産・転居の報告をするのにちょうどよい機会です。 また、学校は長い夏休みに入りますので、先生に近況報告を送ったり、逆に先生から児童や生徒にお便りを送る、というのもオススメです。

企業やショップからでしたら、夏のオススメ商品やイベント・セールなどの案内、夏季休業のお知らせを兼ねてもよいかもしれません。 時節柄、節電・クールビズを実施される企業様なら、顧客や取引先に暑中お見舞いかたがた実施の告知をされてはいかがでしょうか。

いずれにしても、年賀状ほど一般的でないぶん、便りを受け取った人はきっと喜ばれると思います。今年はあなたも暑中見舞いを出してみませんか?

暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期は?

暑中見舞いを送る時期 :梅雨が明けてから立秋前まで
残暑見舞いを送る時期 :立秋から8月いっぱいまで ※2017年の立秋は8月7日です
暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期

「暑中見舞いをいつから出すか」については諸説あります。

二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで、という説や、夏の土用の時期(立秋の前の約18日間。7月20日頃〜)、あるいは梅雨が明けてから、など。

そもそも暑中見舞いとは「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」ですから、梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのがよいと思います。 ただし、梅雨は通常西から順に明けていきますから、自分の住んでいる地域で梅雨が明けても相手先はまだ、ということもありますのでご注意を。

そして、立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えましょう。 「いつまでに送るべきか」についても諸説ありますが、8月中に送るのが通例です。

暑中見舞いテンプレート
[PR]

暑中見舞いと残暑見舞い 書き方に違いはある?

暑中見舞いと残暑見舞いでは「出す時期が違う」ことは前述のとおりですが、書き方には何か違いがあるのでしょうか?

まず、挨拶文「暑中お見舞い申し上げます」(暑中お伺い申し上げます)が「残暑お見舞申し上げます」(残暑お伺い申し上げます)にかわります。
これは、立秋を過ぎると暦の上では秋で、いくら暑くとも「暑中」とは言わず「残暑」と呼ぶためです。

そのほかにも、暑中見舞いの場合は文末の日付を「○年 盛夏」(「○年○月」でも可)としますが、残暑見舞いの場合は「○年 晩夏」(または立秋、葉月)とします。

暑中見舞いと残暑見舞いの違い

また、決まりごとではありませんが、残暑の時期になると時候の挨拶が「残暑なお厳しい折…」「立秋とは名ばかりの暑さ…」など「暦の上では既に秋なのにまだ暑い」ということを表す文章が多く使われます。

暑中、残暑それぞれの文面については、送る相手に合わせた文例を用意していますので参考にしてください。

その他にも「暑中見舞い・残暑見舞いの書き方」には、季節の挨拶として書くべき内容をまとめました。ぜひご覧ください。

おすすめデザイン

  • 四角いスイカ
  • 風鈴、すだれ、もみじ(タテ)
  • 水彩あさがお
  • 写真を貼ったコルクボード
  • 青い熱帯魚
  • 空-水彩で描いた空と雲

はがき

かもめ〜る

年賀状には専用の官製はがきが販売されますが、暑中見舞い用にも「かもめ〜る」と呼ばれる官製はがきがあります。

年賀状のように「1月1日以降に配達される」といった時期の指定はなく、通常のはがきと同じ扱いになりますが、切手の柄が夏仕様だったり、くじが付いていたりとちょっとした楽しみがあります。

2016年には「プレゼント付きかもめ〜る」も登場しましたが、2017年にはなくなってしまいました。人気がなかったのでしょうか…?

その代り、昨年までとはくじ商品がかなり変わりました。2016年は「A賞:現金5万円、B賞:切手シート」だったのが、2017年は「現金賞:現金1万円、QUOカード賞:QUOカード 1,000円分」に変わりました。とうとう切手シートが商品からなくなってしまいましたね。

2017年のかもめ〜るは、6月1日から8月25日まで販売されます。2017年6月1日から郵便料金が改定され、はがきが62円になりますので、かもめ〜るも62円で発売されます。

豆知識 - 6月15日は「暑中見舞いの日」です。1950(昭和25)年のその日に、暑中見舞いはがきが初めて発売されました。このはがきが1986(昭和61)年に懸賞付きになり、現在と同じ「かもめ〜る」という愛称になりました。


お中元への返礼や、結婚・出産・転居の報告、季節のあいさつなどの文例を見てみましょう →