暑中見舞いの例文 - 先生から生徒・児童へ-

暑中見舞い(先生から生徒・児童へ)に書く文章の例文を集めました。
テキスト部分をコピーして、テンプレートなどに貼り付けてご利用ください。

暑中見舞い - 先生から生徒・児童へ - 例文1
暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明けたとたんに、猛烈な暑さとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
登校日には日焼けした元気な姿を見せてくださいね。
これからも暑さが続きますので、体調に気をつけて、充実した夏休みにしてください。
平成二十八年七月
暑中見舞い - 先生から生徒・児童へ - 例文2
暑中お見舞い申し上げます

暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
勉強、頑張っていますか?課題図書、先生も読みましたよ。
これからも暑さが続きますので、体調に気をつけて、充実した夏休みにしてくださいね。
平成二十八年七月
暑中見舞い - 先生から生徒・児童へ - 例文3
暑中お見舞い申し上げます

寝苦しい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
宿題は頑張って進めていますか。登校日に持ってくるものもあります。忘れないようにね。
これからも暑さが続きますので、体調に気をつけて、充実した夏休みにしてくださいね。
平成二十八年七月
※暑中見舞いには「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は不要です
※この文面はサンプルです。書体・内容・体裁は各自の責任で適宜変更してご利用ください

おすすめデザイン

  • 風鈴、すだれ、もみじ(タテ)
  • 写真を貼ったコルクボード
  • 水彩あさがお
  • 切手の写真フレーム
  • 黒と赤の金魚
  • 空-水彩で描いた空と雲